木次線利活用推進協議会について

  • トップ
  • 木次線利活用推進協議会について
  • 木次線応援団
  • 雲南市蒸気機関車C56108保存会

雲南市蒸気機関車C56108保存会

C56108保存会とは

平成25年3月に設立され、木次線を走行していた重要な鉄道遺産でもある「蒸気機関車C56108」を後世に残すための保存や活用している組織です。

この機関車は、町が申し入れて国鉄から無償貸与を受け、木次ライオンズクラブの創立10周年記念事業として木次機関区職員の協力により、昭和49年11月に大輸送作戦を展開し、現在地に設置した。

現在、地元を中心に県外も含め、275人の会員(平成28年3月31日現在)があり、機関車の点検や環境整備(雲南市との管理業務委託)、広報活動、活用研修イベント時の公開展示などを行っています。

保存会で作成している「C56108記念乗車券」

雲南市蒸気機関車C56108の生い立ち

C56108号走行風景

C56108号走行風景

C56108号木次機関区内

 

C56108号紹介ページ(うんちくページへ)

 

C56108 昭和12年08月 三菱重工業神戸造船所にて製作
昭和12年10月 新製と同時に木次線木次機関区に配属
昭和28年11月 快速「ちどり」号のヘッドマークを付けて牽引する。現役のほとんどを木次線で過ごし、38豪雪や39災害時の救援物資の輸送をはじめ、通勤や通学列車として親しまれてきた。
昭和47年09月 木次線無煙化により浜田機関区に転属
昭和49年07月 約163万キロ(地球約40週)を走破し廃車
昭和49年11月 現在の雲南市木次体育館横へ移設展示

雲南市蒸気機関車C56108保存会広報誌

保存会では、毎年広報誌を発行しています。

広報誌
平成26年4月22日 SL保存会新聞
平成27年4月21日 SL保存会新聞
平成28年4月21日 SL保存会新聞

 

積雪から守るためのシート掛け準備作業

毎月の点検と環境整備

毎月の点検と環境整備

ブログ C56108保存会活動ブログ
C56108保存会活動(facebook)

愛されて80周年