80周年について

  • トップ
  • 80周年について
  • 木次線応援団
  • 日登駅を偲ぶ会(西日本鉄道OB会木次支部)

日登駅を偲ぶ会(西日本鉄道OB会木次支部)

西日本鉄道OB会は、JRを退職された方で構成されている組織です。会員間の親睦活動をはじめ駅舎の美化・整備活動や鉄道事故防止への協力など幅広く活動されています。

日登駅を偲ぶ会は、OB会の木次支部メンバーのうち、日登駅を中心に様々な取り組みをされている地元出身の5人で組織されています。これまで駅舎の環境整備や地元小学校との交流、ボランティアガイド活動などに取り組んでこられました。

<関連リンク>

日本鉄道OB会連合会ホームページ

日登駅 名誉駅長

日登駅舎には、日登駅を偲ぶ会のメンバーでもあり、この駅の名誉駅長でもある鐘撞弘さんがいらっしゃいます。鐘撞さんは、平成27年10月からJR西日本からの委嘱を受けて名誉駅長に就任されました。「日が登るという駅名は珍しいこともあり多くの方も訪れている。日登駅にお越しいただいたみなさんとの交流も含め、これからも地域密着型の駅舎として日登駅を守っていきたい」と話していました。

愛されて80周年