木次線フォトコンテスト受賞者発表

木次線フォトコンテスト受賞者発表

ご応募いただいた人数100名、作品228点の中から、最優秀賞1点、各沿線市町賞計4点、鉄道部長賞2点、入選15点の計22点を選考いたしました。

選考は、写真家 古川 誠 さん 1952年島根県松江市生まれ。日本写真家協会会員)と実行委員会委員の皆さんによって審査していただきました。

ご応募いただきましたみなさんありがとうございました!

ご応募いただいた作品は、JR木次線に係るPR媒体や写真展示なども使用させていただきます。

10月8日の式典では、受賞者のうち最優秀賞ほか6名のみなさんへ賞状と沿線の特産品が贈られました。

また、当日は受賞者のみなさんの写真展示を行いました。

今後、沿線にてパネル展示なども行う予定にしています。

審査結果は、次のとおりです。

           最優秀賞    「トロッコ列車」  藤江 松男 さん

【審査講評】

「川の真ん中から川上に向かって写すことで遠近感を出し、画面の下半分を水の流れで全体を引き締めた迫力の写真です。

更に遠くに浮かぶ夏雲と水に映る景色、何となく懐かしく、色もあえてクリアにせず田舎くささをだしている。水のながれる音に、

トロッコ列車のコトコトと重なるリズムが地域らしさを表現し、まさに計算つくされたベテランならではの隙のない力作である。」古川 誠

優秀賞(奥出雲町長賞) 

 「亀嵩駅舎内作業の合間(昭和20年代)」  若槻 唯義さん

 

 

優秀賞(雲南市長賞)  

「新緑の歓迎」  加納 静代 さん

優秀賞(松江市長賞)

 「見送り」   錦織 淳 さん 

 

 

優秀賞(庄原市長賞) 

 「晩秋の旅」   佐伯 範夫 さん

優秀賞( 鉄道部長賞:歴史部門 ) 

「久野川橋梁建設風景」  藤原 静雄 さん

 

 

優秀賞( 鉄道部長賞:自由部門 )

 「赤い気動車」  高木 晃 さん

入選作品 (順不同) 

「冬のカラマツ林」  景山 正人 さん

「公孫樹とおろちと少年」  柿原 学 さん

「仕事終わり」  久保 康一郎 さん

「園児たちのお見送り」  渡部 敏美 さん

「雪とのたたかい」  中村 悠久 さん

「線路」  狩野 豊 さん

 

「旅情」  武田 克弘 さん

「晩秋の奥出雲路」   小豆澤 保央 さん

「雨あがり」   金築 哲 さん

 

「降雪」  根宜 康広 さん

「高原駅でのりかえ」  末次 玲子  さん

「八川駅タブレット渡し」   宇都宮 秀信 さん

「ゲームは佳境」  入江 直樹 さん

「風薫る」  石飛 生子 さん

「鉄路の守護神」  田頭 由匠 さん


イベントページへ戻る