祝100年目!10月11日 臨時トロッコ列車運行

祝100年目!10月11日 臨時トロッコ列車運行

100周年!! 記念列車運行!

木次線(宍道~木次)は今年の10月11日(火)に、開業してちょうど100周年を迎えました。

記念すべきこの日、臨時のトロッコ列車が運行され、市内の園児たちが招待されました。

斐伊幼稚園、寺領幼稚園・小学校、四ツ葉学園保育所の園児・児童らは、木次駅から列車乗り込みました。

列車が走り出すと、さっそく児童たちは、車窓からの風景を楽しんだり、沿線からの声援に手を振ったりしていました。

車中では、ご当地ヒーロー『よいとこ戦隊ダイトレンジャー』のサクラローザが登場し、記念バッチを子どもたち一人ひとりに手渡し、記念撮影を行いました。

また、出雲八川駅では、布勢幼児園(奥出雲町)の園児らがお出迎え。メッセージカードの交換やピアニカ演奏に合わた歌の披露も行われました。

ちょっと肌寒い日となりましたが、子どもたちは元気にトロッコ列車の旅を満喫しました。

斐伊幼稚園の園児らは、三井野原駅でお弁当タイム。シートを広げ、帰りの列車を待ちました。

トロッコ列車へ手を振っていただいた沿線のみなさま、ありがとうございました!

子どもたちには、サプライズイベントや出会い・交流を通じ、新たな思い出の1ページが加わったことでしょう!!

 

イベント情報へ戻る