木次線の歩み

木次線の歩み

明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可を申請、翌3年に'簸上鉄道株式会社'を設立。そして4年から工事に着工し、大正5年10月から宍道ー木次間開通。 簸上鉄道の次の目標は木次から三成ー横田間を経て、県境を越え広島-三次間の芸備鉄道線に連絡すること。 木次-三成間は昭和2年(1927年)12月起工→昭和7年竣工→同年12月から開通 三成-横田間は昭和7年から調査→9年横田駅・八川駅、12年(1937年)坂根駅・油木駅がそれぞれ開業し、木次線は広島の備後落合駅まで全線開通。構想から25年以上の歳月を経て、悲願を達成した。


木次線年表

年代  

出来事

明治29年 絲原武太郎(十二代目)が大社両山鉄道を設立。杵築(現・出雲市内)から赤江(現・安来市内)、米子、広島を結ぶ鉄道を計画するも、不況の影響で1898年12月に解散。
明治42年11月7日 山陰本線松江~宍道間延伸開業に伴い、宍道駅が開業。
大正 2年12月  米子町(現・米子市)の三好栄二郎ほか33人が、簸上軽便鉄道として宍道~木次間、および幡屋村~大東村(いずれも現・雲南市)間の軽便鉄道免許を国に出願。
大正 3年 1月31日 簸上軽便鉄道に免許が交付される。
大正 3年 7月31日 簸上鉄道が設立される。
大正 3年10月 1日 簸上鉄道が宍道~木次間の線路実測を開始。12月9日に完了。
大正 4年 8月17日 鹿島組(現・鹿島建設)が工事請負業者となり、簸上鉄道宍道~木次間が着工。
大正 510月11日 簸上鉄道により、宍道~木次間開業(21.1 ㎞。T5.10.11 )加茂中駅、大東町駅(現・出雲大東駅)が開業。
大正 6年 6 簸上鉄道が、車内に食堂を設けた「ホタル列車」を運転。
大正 7年  島根県・広島県が共同で、山陰・山陽を連絡する鉄道の建設を鉄道院に陳情。
大正 7年 2月11日 幡屋停留所が開業。(1921年に駅に昇格)
大正 8年 5月 松江市を含む1市6郡の有志350人が、陰陽連絡鉄道期成同盟会を結成。
大正 9年 7月 第42回帝国議会で木次線の建設が採択される。

大正10

第44回帝国議会で木次間の建設区間を木次~備後落合間に決定。
大正10年 5月 1日 木次線の起工式が挙行される。
昭和 2年12月 木次~出雲三成間が着工。
昭和 3年 6月14日 現・下久野~出雲八代間で下久野トンネルの掘削工事が開始される。
昭和 6年 4月19日 木次線最長となった下久野トンネル(全長2,241m)の貫通式が挙行される。
昭和 6年 9月30日 木次町(現・雲南市)町長の榊原元義ほか21人の沿線町村長らが連署し、簸上鉄道を買収するよう鉄道省に請願書を提出。
昭和 7年12月18日 木次線木次~出雲三成間が開業。日登、下久野、出雲八代の各駅が開業。
昭和 8年 5月 簸上鉄道が、鉄道省所属の大型貨車の直通運転を認可される。12月には客車の直通運転も認可される。
昭和 9年 1月 出雲坂根駅のスイッチバック施設設置工事が開始される。
昭和 9年 1月 第65回帝国議会で簸上鉄道の買収に関する法案が可決される。
昭和 9年 8月 1日 簸上鉄道が国有化され、宍道~出雲三成間が木次線となる。大東町駅を出雲大東駅に改称。
昭和 9年11月20日 出雲三成~八川間が延伸開業。亀嵩駅、出雲横田駅が開業。
昭和12年12月12日 八川~備後落合間が延伸開業して木次線が全通。出雲坂根駅、油木駅が開業。
昭和19年 9月21日 翌日にかけ、大阪市西区の小学校児童が加茂中、木次、出雲大東駅周辺に集団疎開。
昭和24年 8月 1日 松江~木次~広島間で客車の直通運転が開始される。
昭和24年12月24日 三井野原スキー場に隣接した三井野原仮乗降場が開業。
昭和26年 2月24日 高松宮宣仁親王の三井野原スキー場来訪に合わせ、三井野原仮乗降場のホームを延長。

昭和28年11月

米子~木次~広島間で快速「ちどり」週末のみ運転開始。(昭和34年に準急行へ)

昭和29年10月 9日

快速「ちどり」が毎日運転となって定期化。

昭和30年12月 1

米子~広島間で快速「夜行ちどり」が運転開始。
昭和33年 9月 1 三井野原仮乗降場を駅に昇格。
昭和33年12月 レールバス運転開始。(昭和40年まで営業運転)
昭和34年 4月20 快速「ちどり」「夜行ちどり」をキハ55系で気動車化し、準急に格上げ。
昭和34年11月 木次線管理所設置。
昭和37年 1月 1 南宍道駅が開業。
昭和37年 3月15 準急「ちどり」を「ちどり1号」、「夜行ちどり」を「ちどり2号」と改称。
昭和38年 2月 5 沿線16ゕ所で雪崩が発生。豪雪によ冬季期間中(全線で85 ヵ所の雪崩)
昭和38年10月 1 南大東駅が開業。
昭和39年 7月 山陰豪雨(木次駅構内、土砂で埋まる)
昭和39年10月 1 鳥取~松江~木次~広島間でキハ58系気動車を使用した準急「いなば」が運転開始。
昭和41年 3月 5 準急「ちどり」「いなば」を急行に格上げ。
昭和42年10月 木次線無煙化促進。(一般気動車12 両配置)
昭和43年10月 1日 急行「いなば」「しらぎり」を「ちどり」に統合。「ちどり」は4往復となる。
昭和44年 4月 旅客列車全線無煙化、気動車17両配置。
昭和45年 7月 1日 一部の急行「ちどり」に冷房車を導入。
昭和45年 8月 木次線管理所廃止。木次機関区設置
昭和46年10月 SL基地廃止。貨物列車もディーゼルとなる。
昭和47年 3月15日 急行「ちどり」1往復を伯備線経由から木次線経由に変更。1往復を臨時列車に格下げ。
昭和49年11月 SL(C56108号)木次児童公園に移設展示
昭和50年12月 三井野原~広島~小郡(現・新山口)間でスキー列車「三井野原銀嶺1号」を運転。
昭和55年10月 1日 急行「ちどり」の夜行が廃止。
昭和57年11月 7日 木次線全線の貨物営業が廃止。
昭和58年 3月 2日 出雲坂根~三井野原間で普通列車 541D(キハ53-7号)が脱線し、崖下に転落。
昭和58年12月31日 宍道駅の貨物取り扱いが廃止。
昭和59年 2月 急行「ちどり」のグリーン車が廃止。
昭和60年 8月 1日 米子鉄道管理局が管内の駅販売店で「奥出雲の銘水」の販売を開始。
昭和62年 4月 1日 国鉄分割民営化。JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)が木次線を継承。
平成 2年 3月10日 急行「ちどり」の運転区間を備後落合~広島間に短縮。
平成 2年 6月 1日 全線でワンマン運転を開始。
平成 4年 5月16日 キハ120系気動車2両(207号、208号)を導入。
平成 5年 4月 新型気動車キハ120系、6 両配置。(1号~6号)
平成 6年12月 キハ120系気動車8両、木次鉄道部所属となる。交番検査基地となる。
平成 7年 8月 木次線継電化はじまる。木次駅完了
平成 8年11月 木次線開業80周年記念祭
平成 9年12月 木次線全線開通60周年記念祭
平成10年 3月 木次線全駅継電化となる。(腕木式信号機廃止)
平成10年 4月25日 木次線~備後落合間でトロッコ列車「奥出雲おろち号」が運転開始。
平成12年 3月 交番検査業務、出雲電車区へ移管。
平成13年 7月 7日 全線がCTC化(列車集中制御化)。
平成14年 7月 6日 「奥出雲おろち号」松江から片道沿線運転開始。
平成16年 7月 トロッコ列車「奥出雲おろち号」乗車10万人達成
平成17年 6月 車両(キハ120系)にトイレ取付工事開始
平成17年11月 木次駅3番線廃止
平成17年12月 豪雪のため、横田~落合間運休(12/22~3/29)
平成18年10月 7日 木次線開業90周年。翌日にかけ、木次~備後落合間で「木次線90周年記念号」が運転。
平成19年 4月 木次~三井野原の各駅に、日本神話の神々にちなんだ愛称が付く。
平成1910月28日 木次駅で「奥出雲おろち号」の年間乗客2万人突破記念式典が挙行される。
平成1912月 木次線全線開通70周年記念祭
平成22年 4月 3日 「奥出雲おろち号」出雲市から片道延長運転開始。(年間50日)
平成25年 5月 3日 木次駅で「奥出雲おろち号」15周年記念セレモニー開催。
          


コメントする

  • *必須