木次線の歴史

  • トップ
  • 木次線の歴史
  • 木次線の歴史うんちく

木次線の歴史うんちく

明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可を申請、翌3年に'簸上鉄道株式会社'を設立。そして4年から工事に着工し、大正5年10月から宍道ー木次間開通。 簸上鉄道の次の目標は木次から三成ー横田間を経て、県境を越え広島-三次間の芸備鉄道線に連絡すること。 木次-三成間は昭和2年(1927年)12月起工→昭和7年竣工→同年12月から開通 三成-横田間は昭和7年から調査→9年横田駅・八川駅、12年(1937年)坂根駅・油木駅がそれぞれ開業し、木次線は広島の備後落合駅まで全線開通。構想から25年以上の歳月を経て、悲願を達成した。

【うんちく1】簸上鉄道 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく2】木次線の誕生 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく3】C56108 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく4】機関車車庫 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく5】木次トンネル 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく6】難工事の歩み(木次~備後落合) 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく7】木次線へ配備された蒸気機関車 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく8】ストーブ取付客車の運用 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく9】木次線の建設費用 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく10】旅行友の会 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく11】開通当時のにぎわい~大正5年 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく12】大正5年の乗車賃 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく13】木次落合線鉄道起工式祝辞(経過報告) 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく14】機関車は天気予報官? 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく15】子供博覧会 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく16】下久野隧道工事記念寫眞帖 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...
【うんちく17】簸上鉄道敷設趣意書 明治の終わり頃、大原郡(現雲南市)から仁多郡を経て広島県へ至る陰陽連絡鉄道を敷くことが当時の念願だった。地元有志、奥出雲の絲原武太郎氏・大東の木村小左衛門氏他で大正2年(1913年)12月鉄道敷設許可...

愛されて80周年