木次線の歴史

  • トップ
  • 木次線の歴史
  • 木次線の歴史うんちく
  • 【うんちく12】大正5年の乗車賃

【うんちく12】大正5年の乗車賃

大正5年の乗車賃

大正5年の開通時、宍道駅から木次駅までの乗車賃は次のとおりです。

宍 道 ◎27銭 ◎41銭 ◎60銭
  17銭 26銭 39銭
  加茂中 ◎17銭 ◎36銭
    10銭 23銭
    大 東 ◎23銭
      14銭
      木 次

◎はグリーン車級、下段は並。

当時、米が1升10銭から15銭くらいだったため、かなり高い料金設定である。ちなみに開通後の10日間は乗車賃が3割引きであった。 

愛されて80周年