木次線の歴史

  • トップ
  • 木次線の歴史
  • 写真で見る木次線の歴史

写真で見る木次線の歴史

開業(大正5年)~全線開通(昭和12年)

  • 大正5年10月 簸上鉄道開業時木次駅周辺
  • 大正5年10月 簸上鉄道開業時宍道駅
  • 大正5年10月 大東町 中町から本町を望む
  • 大正5年10月 簸上鉄道開業時新聞掲載写し
  • 簸上鉄道を走行する汽車
  • 昭和初期 加茂中駅
  • 昭和初期 幡屋駅
  • 昭和初期 大東町駅(現 出雲大東駅)
  • 昭和初期 買収前の木次分庫
  • 昭和初期 簸上鉄道本社
  • 昭和5年9月 国鉄木次線橋梁工事(寺領真金付近)
  • 昭和5年 木次駅と機関車車庫
  • 昭和5年 宍道駅構内全景
  • 昭和7年12月 下久野停車場
  • 昭和7年頃 木次駅周辺
  • 昭和8年12月 木次駅周辺(木次製鋼所)
  • 昭和9年8月1日 簸上鉄道から鉄道省への引渡調印式
  • 昭和12年12月 木次線全線開通記念(下久野トンネル)
  • 年代不詳 加茂中駅付近(簸上鉄道記念詩より)

全線開通~国鉄時代(昭和)

  • 昭和12年 出雲坂根~三井野原間
  • 昭和12年 全線開通時(木次停車場付近)
  • 昭和20年代 スイッチバック(出雲坂根~三井野原間)
  • 昭和30年代 スイッチバック(出雲坂根~三井野原間)
  • 昭和33年12月 レールバス導入時(木次駅)
  • 昭和34年頃 急行ちどり号(木次駅構内)
  • 昭和33年9月 木次トンネル(八日市上小路地)
  • 昭和30年代 お召列車(木次駅貨物線)
  • 昭和37年 三井野原~坂根間 スイッチバック
  • 昭和38年2月 豪雪時 出雲大東駅
  • 昭和38年2月 豪雪時 木次駅構内
  • 昭和39年7月 豪雨時木次駅構内
  • 昭和42年 加茂中駅構内
  • 昭和49年11月 機関車『C56108号』移設展示
  • 昭和49年11月 機関車『C56108号』移動の際
  • 昭和45年撮影 蒸気機関車『C56108号』
  • 昭和45年撮影 蒸気機関車『C56105号』
  • 昭和47年撮影 機関車『C11101号』
  • 昭和50年撮影 ディーゼル機関車 DE型車両
  • 昭和50年撮影 ディーゼル機関車 DE型車両 日登駅
  • 昭和58年撮影 JR木次駅前
  • 昭和58年3月 木次線脱線(出雲坂根~三井野原間)
  • 昭和61年7月 臨時列車運行(木次町里方地内)
  • 昭和62年6月 キハ52 『むらくも号』
  • 昭和62年6月 キハ52 『むらくも号』内部
  • 昭和43年2月 出雲坂根駅「豪雪時」
  • 昭昭和43年2月 出雲坂根駅「豪雪時」
  • 昭和43年2月 出雲坂根駅 消防団による水補給 
  • 昭和44年4月 SL走行風景 雲南市大東町地内 
  • 昭和44年4月 SL走行風景 雲南市大東町地内 
  • 昭和40年代 木次駅構内6番線
  • 昭和40年代 雲南市木次町寺領地内
  • 昭和40年代 雲南市木次町寺領地内
  • 昭和20年9月17日 宍道加茂中間 築堤崩壊
  • 昭和42年  出雲坂根駅

平成~現在(JR西日本)

  • 平成9年11月3日 キハ52系気動車と60周年記念号
  • 平成11年12月 キハ52系気動車 出雲坂根駅(12/4)
  • 平成14年10月 トロッコ列車「奥出雲おろち号」 雲南市木次町日登地内
  • 平成15年9月 トロッコ列車「奥出雲おろち号」
  • 平成15年4月 JR木次駅上空
  • 平成18年10月 キハ58系気動車『ちどり』(木次線90周年記念号)
  • 平成18年10月 キハ58系気動車『ちどり』号とキハ120(出雲坂根駅)
  • 平成18年10月 キハ58系気動車『ちどり』号とおろち号(出雲坂根駅)
  • 平成18年10月 キハ58気動車『ちどり』号出雲坂根~三井野原間)
  • 平成18年12月 ラッセル車両点検走行(木次町寺領地内)
  • 平成18年12月 ラッセル車両点検走行(木次町寺領地内)
  • 平成19年1月 ラッセル車両走行(木次町寺領地内)
  • 平成19年4月 トロッコ列車奥出雲おろち号(木次駅構内)
  • 平成11年12月4日 木次駅構内

愛されて80周年