助成事業と企画提案の受付

  • トップ
  • 助成事業と企画提案の受付
  • 【R3新規】県民によるJR線利用促進事業

【R3新規】県民によるJR線利用促進事業

木次線利活用推進協議会では令和3年度より新たに、JR木次線を利用した旅行や行事参加などの移動需要を喚起するため、島根県内の居住者、事業所等の団体、学校等のほか、旅行業者などを対象に、JR木次線を1区間以上乗車した利用者等に対し、JR運賃及び貸切バス利用運賃等の助成を行います。

補助対象経費、補助条件等

 島根県民が木次線乗車を伴う移動に係るJR運賃及び貸切バス運賃等

  ※令和3年4月1日以降に出発し、協議会長が定める日までの利用が対象。
   (当面、令和3年7月31日までの利用について受け付ける。)
  ※島根県内を含む中国地方5県内への移動に限る。
  ※5名以上がそろっての木次線乗車区間が1区間以上あること。
  ※【JR】木次線(宍道~備後落合)・山陰本線(安来~飯浦)・芸備線(備中神代~広島)
       ・山口線(益田~津和野)の乗車区間の運賃・特急料金、指定席券料(おろち号含む)
   【貸切バス】キロ制運賃と時間制運賃の合計
   【タクシー】時間制運賃
   【レンタカー】基本料金のみ補助対象
  ※政治活動、宗教活動に係る利用を除く。
  ※消費税は対象から除く。

 

補助率
 1/2 (ただし消費税は除く)
補助上限額

 1件当たり 100,000円 

 ※時刻、運賃、運行情報に関することは、JR西日本「おでかけネット」をご確認下さい。

補助対象者 ※島根県内の学校等及び県民が対象

 ①学校等の児童・生徒、及び引率教員等(人数制限なし)

  ※島根県内の学校等(保幼小中高)の児童生徒と引率者。
  ※高等専門学校、高等学校、中学校、小学校、義務教育学校、特別支援学校、幼稚園、保育所、
   認定こども園。
  ※児童・生徒にあっては、満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者。

 ②5名以上の団体利用者

  ※1組5名以上の任意団体で、うち1名は島根県に住所がある者。
  ※JR木次線の乗車を盛り込んだ旅行ツアー等を実施する島根県内に所在のある旅行会社。
  ※旅行代理店による申請や貸切バス事業者の代理申請も可とする。

 

申請方法

 ■00_県民によるJR木次線利用促進事業補助金交付要綱

 ■01_様式一式(県民によるJR木次線利用促進事業)

 ■02_Q&A(県民によるJR木次線利用促進事業)

 ■03_事業の概要・流れ(参考)

 

  ▼申込はこちら(土曜・日曜・祝日を除いた7営業日前までに協議会へ 

  □様式第1号(実施計画書・JR線のみ利用する場合)

  □様式第1号の2(実施計画書・JR線と貸切バス等を利用する場合)

  WEBフォーム(下記フォームからの事前申込も可能です。)
   
https://docs.google.com/forms/d/1SzUY9nWGlQ3qhfuCk5rnLMiGXL0LQd7YADDQQk-_QCs/edit
   フォームへご入力いただいた際は、お手数ですが、確認のため必ず下記事務局へご一報をお願いします。

 

  □様式第3号(変更実施計画書)

  □様式第5号の1(交付申請書兼実績報告書・JR線のみ利用する場合)

  □様式第5号の2(交付申請書兼実績報告書・JR線と貸切バス等を利用する場合)

  □様式第6号(タクシー利用確認書)

  □様式第7号(参加者名簿・※旅行事業者が募集型旅行を実施した場合のみ)

  □様式第9号(委任状)
 

お問い合わせ

 木次線利活用推進協議会事務局

  雲南市うんなん暮らし推進課内(〒699-1392 雲南市木次町里方521-1)
  電話:0854-40-1014
  Mail:kisuki-line@city.unnan.shimane.jp

  または、奥出雲町地域づくり推進課内(〒699-1592 仁多郡奥出雲町三成358-1)
  電話:0854-54-2524