木次線に乗ろう

  • トップ
  • 木次線に乗ろう
  • 沿線の駅
  • 出雲横田(いずもよこた)

出雲横田(いずもよこた)

出雲横田駅(いずもよこたえき)は、島根県仁多郡奥出雲町横田にある西日本旅客鉄道(JR西日本)木次線の駅です。
出雲横田駅の駅舎は、昭和9年の開業以来変わらずの姿であり、奥出雲町の重要文化財に指定されています。
出雲横田駅舎は社殿造りとなっており、駅名看板の下には、JR西日本職員らによる手作りの大きなしめ縄が飾ってあります。

出雲神話看板での命名 「奇稲田姫(くしいなだひめ)」

 

駅の東南に稲田神社があります。この辺りで奇稲田姫が生まれたと伝えられています。父神は脚摩乳、母神は手摩乳。八岐大蛇の難を救い、姫を娶(めと)られた素戔嗚尊(すさのおのみこと)が降(あも)られた鳥上の峰(船通山)は、ここより東方、斐伊川の上流にそびえています。

   駅前にある稲田姫像 (ヤマタノオロチ伝説については、こちら→ ~奥出雲ごごち~ )

周辺スポット

愛されて80周年