木次線に乗ろう

  • トップ
  • 木次線に乗ろう
  • 沿線の駅
  • 日登(ひのぼり)

日登(ひのぼり)

~日が登る駅~

日登駅(ひのぼりえき)は、島根県雲南市木次町寺領にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)木次線の駅です。
木造の駅舎で、駅の美化・整備活動をしている「日登駅を偲ぶ会」の手づくりの看板も設置してあります。
日登駅の駅舎管理及び切符・定期の販売は、「(有)板持土木」が行っています。

また、日が登る駅として、鉄道ファンも多く訪れます。

出雲神話看板での命名 「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」

素戔鳴尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、須賀(須賀神社)の地へ行かれる途中、大森の地にしばしば宿られ、婚儀の準備をされたといわれます。
その大森は、当駅の南方にあり、今は大森神社があり、素戔鳴尊や奇稲田姫などの神様が祀られています。

周辺スポット

愛されて80周年